風俗求人で働く女性にとって働くエリアは運命を大きく左右する

サイトマップ

寝転んでいる女性

風俗求人に応募する時の服装について

足の長い女性

風俗嬢が着る服は、大体自分持ちであることが多いです。デリヘルやホテヘルなど出張式で店舗がないシステムの風俗求人は特に、お店から服を借りて勤務するということは原則しません。もちろんコスチュームプレイの時は別で、有料オプションとしてお店から衣装が提供されるケースが大半となります。
つまり風俗求人に応募して面接を受ける際には、服装も採用のチェックポイントに入っているということです。風俗嬢になった時、お店の人間としてふさわしい服が着られるかどうか、求人の採用担当者は服のチョイスから風俗嬢としてのセンスを確認します。
風俗嬢は、女性らしい格好をすることが求められます。そのためジャージやスウェットといった性差のない室内着のようなものはもちろんのこと、Tシャツにデニムといったチョイスも相応しくはありません。同じパンツでもホットパンツやキュロットでは露出を作ることができますが、パンツに無理にこだわるよりは、スカートを履いておいた方が無難です。
ミニやタイトなセクシー系のスカート、あるいは清楚なワンピースなどで勝負しましょう。風俗嬢は露出の多い派手な服を着ているイメージでよく語られる職業ですが、実際はあまり派手すぎない、普通に街を歩く女性が着ているような服装の方が、受けが良いです。

Copyright © 2016 風俗求人で働く女性にとって働くエリアは運命を大きく左右する All Rights Reserved.